« インテリア | トップページ

2019年4月 9日 (火)

祝 磯崎新 プリツカー建築賞

磯崎さんの2019年のプリツカー建築賞受賞を心よりお慶び申し上げます。

 

これまでの磯崎さんの超人的な活動なくして、日本の現代建築に思潮は生まれなかったと思います。この世界的な建築賞の受賞は、日本にとどまらず世界の建築界におけるメタアーキテクトであることの証でもあると思います。

 

個人的には、はや4半世紀が過ぎようとしていますが、磯崎さんのスタッフとして欧米や中国でのプロジェクトに帯同させていただいた経験が、個人として活動していくうえで、確固とした指標となっています。

 

これまでの功績は、建築作品だけにとどまらず、アートや文学、歴史や思想など、超域的、統合的な視点から建築を思考する姿勢によって貫かれています。歴史的、思想的な次元で思考され提示された建築の可能性や意義は、筆舌に尽くしがたいものがあります。

 

広範多岐な活動に常に刺激を受け続けてきましたが、個人的な思い入れから、現時点でのベスト10を絞り込んでおきます。(順不同)

 

①建築行脚(2-5, 7-12)

②ANY会議(anyone anywhere)

③北九州市立図書館

④大分県医師会館

⑤空間の行間

⑥軽井沢山荘(自邸)

⑦コンペ・ジュリー(ラ・ヴィレット、香港ピーク、横浜フェリー、竜馬、スーパースターの家)

⑧コンペ・スキーム(都庁、京都、奈良)

⑨空中都市、廃墟、リダクションドローイング

⑩4部作(空間へ 建築の解体 手法が 建築の修辞) 

2000008

2000007

2000009

 

 

« インテリア | トップページ

建築・都市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インテリア | トップページ