« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月22日 (水)

西馬込の敷地

住まいに不向きな環境と言えるかもしれないとしても、そこに住まないといけないなら、可能性を追求して、ふつうの住宅地以上に楽しく住まえるアイデアをひねり出してみようというのが、プロの姿勢であります。

この敷地、中途半端な法規制のせいで、隣地には中高層がそびえ立ち、外壁に窓を設けることもできませんし、前面道路の正面には、5階建てマンションの裏廊下が面していて、プライバシーもまったくありません。

そんなわけで、写真の断面模型では、コンパクトな3階建てにして、最上部に光庭テラスを設け、天空から、光と風をとりいれる構造を検討してみました。

軟弱地盤の対策に想像以上のお金がかかると心配されていたようですが、地盤データを拝見しますと、少し地盤から掘り下げ、ベタ基礎にして力を分散させれば、十分な地耐力があることもわかりました。

震災以降、巷の工事を見ていると、なんでもかんでも、地盤改良している感がありますね。

つまり、地盤改良業者と建売業者と保険業者のセットで、安心を売りにしているわけですが、本当は、なんでも穴を掘って改良すればいいというものではありません。

よさげなローム層がでていても、闇雲にセメントや砕石を流し込んでいる近隣の現場などみていると、とりあえず薬出しとく医者のようで、暗澹たる気分になったりします。

Magome

2015年4月13日 (月)

パイプカットの続き

棚のパイプカットの全身筋肉痛が治まって、アネックス(打合せ小屋)の模様替再開!

PCカウンター用にカットしたランバーコア合板の小口を仕上げて、ウレタンクリアつやけし塗装3回。

さらに、板を載せる台座(重量なんと20キロ!)を、立川まで行って買い戻り、準備完了。

パイプカットしたのは、既製品のプリンターラックの棚柱で、下のワゴン部分だけ残して、セットしたカウンターの下に収めたのでした。

かつてはありがたかったレーザープリンターも、いまや目に入るだけで、残念なかんじがします。

なぜだろう?

高画質のプリントは素晴らしいのだけれど、OA機器やスチールの事務机って、あるだけで会社の営業所とか、職員室みたいな雰囲気が出てしまうんです。

つまり、デザインの現場に、似合わないのですね。

スモールスペースを、心地良く、刺激的な場にするためには、できるだけテーブルより上に、余計なものがないようにレイアウトすることが、わりと大事です。

20150413

蓋の開け閉めがあるスキャナーだけは御愛嬌で!

2015年4月10日 (金)

実施設計完了したら

間取りや設備の打ち合わせを終えてから、詳細な図面に発展させていく実施設計は、後戻りできないという意味でも、毎晩深夜まで肉体的にも、ハードな作業になります。
 
つまり実施設計の終盤ひと月ほど、図面のなかに棲んでいるような感じになるのですが、いよいよ締切前になると、ここから出たら(図面提出したら)あれこれやろうと画策したりしています。
 
さて、週明け、工務店に図面を出して、まずやったことは、事務所の棚の鉄の支柱カット(笑)
 
手元にあった鉄ノコで勝負に挑みました。
 
切断方向に力をいれないで、リズムを整えながら前後に腕を振ること1時間。
 
4本のパイプカットに成功!
 
これ、肉厚1.5ミリはあります。
 
_dsc0677s_2


「どうしてグラインダー(電動工具)を使わないのか?」
 
「からだで鉄を感じたかったから」
 
とはいえ、翌日には全身筋肉痛に襲われ。。。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »