« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月17日 (水)

Timberize TOKYO 2020

一昨日は青山スパイラルガーデンで開催された木造の展覧会「Timberize TOKYO 2020」の最終日で、展示の一部に出品していた構造模型の引き取りがてら、夜の表参道へ。

メインの展示は、東京五輪の施設をすべて木造で想定して、大学の研究室が中心になってつくった競技施設の模型やパネルで、イベント用のスタンドとしてつくられたモックアップは、スチールのブレースを組み合わせてなかなかスマートなスケルトンとなっていました。

また、100ほどの建築家の実例模型が密度高く並べられていて、私も「RIDGE」の屋根架構の模型を手直しして出展しました。

これからは、ますます日本の経済産業とエコロジカルな観点から、森林資源を活用することが求められる時代になってきます。木質パネルや集成材といった工業製品の防火性能や強度は、格段に進化しつつあって、昔ながらの木造住宅や古民家だけではなくて、近未来に向けた都市木造を考えていくことが重要です。

Dscn2564s

Dscn2566s

2014年9月 7日 (日)

新しい椅子

新しいアトリエ用に入手した新しい椅子

Marni100_2

フレームと脚は異形鉄筋で、座面はビニルロープで編まれています。

海の家にありそうなサマーベッドの材料なのですが、見た目が美しいだけでなく、座ったときの心地よさは、驚くばかりです。

イタリアのマルニ社が、南米コロンビアで日常的に利用されている安価な椅子をデザインしなおして、現地の元囚人たちに製作を委託、世界中に販売するというコレクション MARNI 100 CHAIRS です。

よいデザインが経済的な価値を生み出して、それが、コロンビアの囚人の社会復帰にもつながるという成熟したコンセプトに共感して購入したものです。

ビニルチューブの弾力性のある座面。

異形鉄筋の脚の微妙なゆらぎ。

座ったときに首筋に背もたれのエッジがあたる感触。

お打ち合わせにこられたときはぜひお試しください。

2014年9月 5日 (金)

DVD鑑賞記録 夏休み編

夏休みに見た映画DVDは息子は計48本。

ぜんぶ付き合いきれません。。

自分では絶対借りないけど見たら面白かったものは

◎ハングオーバー シリーズ

◎ギャラクシー・クエスト

自分も見たくて借りたものでよかったものは

◎ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ

◎ネブラスカ

◎アドベンチャーランドへようこそ

見直してよかったものは

◎ゴッドファーザー シリーズ

◎2001年宇宙の旅

 

見なくても良かったものはかかない。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »