« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

進捗状況

6月24日に引渡し予定だったのですが梅雨の影響であと10日ぐらい???

3週間の工期が2倍に!

6ヶ月の工期が1年になることはなさそうですが

小さな増築のため

通常の工事よりも段取りが難しいですね。

先週は板金屋さんや建具屋さんとの打合せも行われ

出来るときにはパタパタっと完成するはずなのですが。

2014年6月26日 (木)

ご案内

◎ザ・ハウス主催による第182回スペシャル企画 建築家住宅なっとく体験会が開催されます。

詳しくはこちら

建主さんのご協力大変ありがとうございます。

◎OZONEにて3階と6階にstudio2設計住宅の模型とパネル展示中です。

Ozone




2014年6月24日 (火)

近況

土日2日間に一日中外出するとなんか雑用が溜まります。

Photo

アネックスの竣工予定が梅雨のため遅れそうなので

分室引越のタイミングがつかめず・・・

W杯予選リーグの3試合目の開始時刻が5時からで

弁当作る手が止まる止まる・・・

近況でした!

2014年6月18日 (水)

ジョイスト梁と本箱構造

140617_103201re


屋根の梁は、ふつうなら105ミリ巾×120ミリ丈程度の製材を455ミリピッチに配列しますが、この建物では、45×120ミリの細い化粧梁を180ミリピッチで配列して、天井を張らないことにします。

左右に3本づつの本箱で屋根を支え、かつ耐震部材にするというアイデアで壁の仕上げも不要です。

30ミリ巾の柱というか板を先に建てていますが、本箱で挟みこんで両側から釘を打つことで、本箱が2軒巾の一体の耐震壁になります。

15センチピッチの構造釘の頭が本箱内側にでてきますが、これもあえて隠さず、あらわしにしたいと思います。

2014年6月17日 (火)

DVD鑑賞記録

息子が中間考査だったり研修旅行だったりですが

その後はこんなラインナップ

○スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団(初見)

○バットマン ビギンズ(初見)

○トゥモロー・ワールド(初見)

○サイドウェイ(2回目)

○ロック・ユー!(3回目)

2014年6月14日 (土)

研修旅行の写真を拝借

昔は修学旅行と呼んでいたと思うのですが

研修旅行から帰宅した息子の写真を拝借。

Photo

Photo_2

今週は九州は天候もよく、

無事に軍艦島を見学できたそうです。

2014年6月11日 (水)

OZONEにて模型とパネルの展示

明日6月12日(木)~8月5日(火)までWhat’s 家 ?展で

新宿パークタワー3Fにて模型とパネルの展示を行っております。

それに伴って、

6月22日(日)に二宮博/studio2のレクチャーと相談会がありますのでお申し込みの上お出かけください!

Ozone

photo by OZONE

2014年6月10日 (火)

養生中

現場監督からスケジュールの連絡

6月10日 一日養生
6月11日 型枠バラシ、墨出し
6月12日~14日  建方予定

2014年6月 9日 (月)

床コンクリート打設

本日は10時から床コンクリート打設作業のため夕方まで玄関の出入りは禁止です。

梅雨の晴れ間に打ててよかった!

2014年6月 5日 (木)

セミナー&無料相談会のお知らせ

6月22日(日)

リビングデザインセンターOZONE

新宿パークタワー 6F 住まいとインテリアのソリューションスタジオにて

セミナー&無料相談会に出席します。

詳しくはこちらをご覧ください。

ぜひお申し込みの上お出かけください。

お待ちしております!

2014年6月 2日 (月)

世界の子供たち 懐かしい夜 施工図CB

18年間も子供が生まれなくなった人類の近未来の風景を描いた映画「トゥモロー・ワールド」。戦場カメラマンが延々撮り続けたドキュメンタリーフィルムのような、驚異的な長回しによる臨場感の追求には目を見張るものがあります。やみくもにCGに頼るのではけして得られないリアリティがそこにはある。キング・クリムゾンやディープ・パープルの音楽も沁みますね。原題「CHILDREN OF MEN」のままのタイトルがベストだと思うのに、妙な邦題つけるからいままで見逃していたではないかといいたい。

先週末の夜半、学友の学会賞の受賞パーティのあった神田錦町から、相変わらずナイトランをするファッショナブルなランナーが多いなあと感じながら、皇居の北側を半周して、乃木坂へと向かったタクシーの中、信号待ちの交差点でふと隣の車を見ると、大学の先輩でもある建築家のF.T.さんが、颯爽と黄色いオープンカーのハンドルを握っていることに気づいて、窓を開けて声かけしようかと、一瞬躊躇したとたん、信号が青に変わり、独特のエンジン音を轟かせながら加速し、みるみる視界から消えていってしまったのでした。

日曜は、週明けの現場作業のために、土曜日に受領した施工図の最終チェックバックをPDF化して現場と構造家に送信。一時間後には返信をもらっていたのだけれど、メールとはいえ、日曜に送りつけるのは、ブラック企業だろうか。いえいえ施工図のチェックバックだけは、早いにこしたことはないはずです。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »