« ザ・ハウスで建てた家 | トップページ | セミナー&無料相談会のお知らせ »

2014年6月 2日 (月)

世界の子供たち 懐かしい夜 施工図CB

18年間も子供が生まれなくなった人類の近未来の風景を描いた映画「トゥモロー・ワールド」。戦場カメラマンが延々撮り続けたドキュメンタリーフィルムのような、驚異的な長回しによる臨場感の追求には目を見張るものがあります。やみくもにCGに頼るのではけして得られないリアリティがそこにはある。キング・クリムゾンやディープ・パープルの音楽も沁みますね。原題「CHILDREN OF MEN」のままのタイトルがベストだと思うのに、妙な邦題つけるからいままで見逃していたではないかといいたい。

先週末の夜半、学友の学会賞の受賞パーティのあった神田錦町から、相変わらずナイトランをするファッショナブルなランナーが多いなあと感じながら、皇居の北側を半周して、乃木坂へと向かったタクシーの中、信号待ちの交差点でふと隣の車を見ると、大学の先輩でもある建築家のF.T.さんが、颯爽と黄色いオープンカーのハンドルを握っていることに気づいて、窓を開けて声かけしようかと、一瞬躊躇したとたん、信号が青に変わり、独特のエンジン音を轟かせながら加速し、みるみる視界から消えていってしまったのでした。

日曜は、週明けの現場作業のために、土曜日に受領した施工図の最終チェックバックをPDF化して現場と構造家に送信。一時間後には返信をもらっていたのだけれど、メールとはいえ、日曜に送りつけるのは、ブラック企業だろうか。いえいえ施工図のチェックバックだけは、早いにこしたことはないはずです。

« ザ・ハウスで建てた家 | トップページ | セミナー&無料相談会のお知らせ »

男のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/56383647

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の子供たち 懐かしい夜 施工図CB:

« ザ・ハウスで建てた家 | トップページ | セミナー&無料相談会のお知らせ »