« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

最後の日

ニュースなどで煽っているようですが皆さんなにか買いだめしましたか?

以前なら煙草だったと二宮は申しておりました(禁煙はや丸6年の二宮)。

定価が変わらないもの、日持ちするもの、が買いだめする品物の特徴で

日常に同じ商品でもこっちのスーパーなら280円であっちのスーパーなら240円という商品は消費税増税後に値下げセールがあるはず。あるはずですよー!と思ってもついつい自分だけ損したくないと気が焦りますよね。

住まいは高額なので計算上は消費増税の影響が大きいのですが、じっくり考えて計画したいものです。

と、自分にも言い聞かせてみる。

2014年3月29日 (土)

春休みの宿題

高1から高2になる春休みにも宿題はありました。

○研修旅行の下調べレポート

○世界史課題図書の中から1冊選んで要約

○世界史1学期中間までの範囲予習

○英語構文の本 授業でやった文章を除いて全部

だそうです。

歴史の選択は日本史か世界史かで世界史を選択。

私が高校生のときは日本史も世界史も地理も公民もやっていたような?

ただし、必ず歴史は最後まで終わらないので現代史が手薄だったような?

今は文部科学省が厳しくなっていて「終わらない」はまずいようです。

男子校進学校で中高家庭科が無かったというのは昔の話。

大学も先生の好きな分野だけやっておしまいなんて許されないのだとか。

2014年3月27日 (木)

大槻さんの目

秋山邸PONTが『住まいの設計』2014年5・6月号の表紙写真になり、鈴木編集長から、

「他にも使いたい写真があったけれど、ページの関係であきらめたものがけっこうあるんです。せっかくだから、送るので見てください。」

と宅ファイル便でたくさん送信してくれました。

ある程度時間がたって取材をさせていただいたので、いろいろな什器や観葉植物などもよくなじんでいて、住まい手の生活が見える爽やかな写真になっています。

大槻夏路さん撮影の未公開写真ちらっとお見せします。

同じ時間同じ場所にいながら、こんな切り取り方もしているとは!

Pont

2014年3月26日 (水)

見積ネゴ中

さて、見積調整依頼からはや3週間。

この時期見積はなかなか進展しません。

予定が立たないのはホント不安になりますよね。

久々に建て主さんの気持ち体感中です。

2014年3月24日 (月)

魅力ある住まいをつくるための5原則

studio2公式HPのhomeに

<魅力ある住まいをつくるための5原則>

をUPしましたのでぜひ御覧ください。

Ⅰ <断面でつながる住まい> スキップフロア 半地下 屋上庭園

Ⅱ <フレキシブルな間取り> 家族 視線 気配をつなげる 

Ⅲ <ハイブリッドの耐震構造> 木・鉄・RCを複合した高度な耐震・耐久性

Ⅳ <エコロジーとものづくり> 空間のしつらえ 仕上げから家具まで

Ⅴ <シンプルであることの豊かさ> 馴染みある素材と職人の技術を生かすこと 

2014年3月22日 (土)

3月DVD鑑賞記録

○デッドゾーン(2回目)→泣ける。

○シャイニング(2回目)→原作読書中。

○ジャンゴ 繋がれざる者(初見)→南北戦争前の奴隷制の話だとは知らず。欧米の映画ではなかなか描かれていなかったことがだんだん描かれるようになってきたということですね。そんな社会性を身方に付けたタランティーノがちょい役で相変わらずな感じもまた良いです。

○めぐりあえたら(2回目)→子供がいることでストーリーのちょっと変な部分が全部カバーされて泣ける。

○マトリックス(初見)→今更の初見でキック・アスの戦闘シーン元ネタを知る。

古い映画を見直したときに面白いと思えるものは人間の普遍的な心を描いているものです。逆に、当時は画期的であった作品も技術に重きを置いている映画は今見ると、その後コピーされまくって技術が古い分、色褪せて見えます。建築も同じだと思いつつ鑑賞しています。

今月はこの後

○ロック・ストック&トゥー・スモーキングバレルズ(2回目)

○レスラー(初見)

○クライング・ゲーム(3回目)

2014年3月20日 (木)

住まいの設計 2014年5・6月号

今日発売の住まいの設計 2014年5・6月号に

studio2設計のPONTが掲載されています。

201456

「楽しい!3階建てできました」の特集の秋山邸です。

2014年3月19日 (水)

ロフト

昨日の床下収納の上は

Photo

こんな感じになっています。

リビングの脇なので収納用というよりディスプレー用です。

2014年3月18日 (火)

ロフト床下収納

自宅の床下収納を10年ぶりぐらいに開けてみた!

Photo

意外ときれいに収納されていて中身の処分を保留・・・

断捨離隊はどこへ行く・・・

2014年3月17日 (月)

見積調整完了

昨年末から続いていた住宅の見積調整がようやく完了しました。

アベノミクスなのかなんなのか消費税増税前の駆け込みの影響を受けていた訳ですが

完成して住みはじめたらあのとき踏ん張って良かったー!

と思って頂ける建築にしたいです。

2014年3月15日 (土)

高校1年のテスト終了

先日息子が勉強しているプリントをチラ見したらパノプティコン(フーコー)とかマトリックス(キアヌ・リーブス)とか書いてありました。どんな内容なのか知りませんが現代国語だそうです。

早いもので後2年で卒業だー!!

Photo

パノプティコンということで

昔訪れた写真がデジカメではないので探すのが大変で巨匠の写真を拝借。

フランスのショーの製塩工場です。

電車でアプローチしたとき、車窓から見えるのが結構感動でした!

今は五十嵐太郎さんの解説で小さいサイズも出版されてますよね。

そちらの内容も読みたいなと思ったのでした。

2014年3月14日 (金)

iPad

iPadって便利ですよね。

持ち運びが簡単で起動も簡単で住宅の計画においてパソコンをどこに置くか?っていうことが大きな問題にならなくなりました。

電話子機みたいなものでしょうか?

私はキッチンカウンターに連続したテレビの横に置いて充電していて

レシピ検索して作ろうと思ったものは画像保存しておきます。
Ipad

住宅設備はそのときそのとき新しいものが欲しくなるけれど

どんどん進歩していくので計画に余裕を持っておくことが大切だと実感します。

2014年3月13日 (木)

模様替え2

いつのまに変わっていたって・・・だれかが動かしたに決まっています←模様替え大好きな私(菱谷)です。

 

 

 

 

 

15年前の計画当初に予想できなかったことの一番は

 

子供が勉強するようになるということ←大アマですね(苦笑)

2014年3月12日 (水)

模様替え

自宅の家具配置がいつのまにか変わっていました。

設計時に家具配置を完璧に決める吉村順三先生の教えはあるけれど

子供の頃から湾岸倉庫に家具を持ち込んで住むのは素敵だというイメージもあって、 いろんな配置ができる自由度も大きな魅力です。

12年もたつと生活も変わりますし、季節による変化もあるでしょう。

用途を決め付けない可変性や余白をちょっとでもつくることは大切なテーマのひとつです。

夜中に散らかっている状態なので、解像度は極力低くしています。

二宮(記)

201403_2


2014年3月11日 (火)

書籍の企画会議

昨夕は昨年末出版した『家の図鑑』の第2弾の企画会議のため、乃木坂のエクスナレッジ社へ。

久しぶりにお会いした建築家の田島則行さん、彦根明さん、村山隆司さんと、編集者の三輪浩之さんとで、興味深い話はつきません。

編集や出版業界の話から、書籍の動向、企画の立て方、読者の目線、図面、イラスト、部品や構造、家電や家具のつまみまで。

住宅メーカーなどのアピールによって、ともすれば建築家は、スタイルや装飾に走って、機能や構造がおろそかだという印象を与えがちだが、現実は真逆で、居住性や耐久性、可変性や経済性をこそよく考えていることを示しながらも、かつ、美しい本であることを両立させること。

横綱のぶつかり稽古にも安心とかの〇〇〇工法による耐震性といった広告的なキャッチではなくて、実直に構造の技術や機能的なアイデア、ふだん見えない細かな配慮までを、わかりやすく、美しくアウトプットすることが本のテーマになるという確認をして、散会となりました。

編集会議後の彦根さんの定例?になっている六本木の天鳳の135ラーメンですが、今回は村山さんと田島さんも参加。

出掛けに母の庭(FLAT A)を見上げるとウメが満開でした。
手入れのない庭も冬の葉の落ちた枝ぶりはわるくない。
右は50年目のモミジ。

140301_2

2014年3月10日 (月)

雑用

ブログ土曜日もお休みしてしまいました。

日常的な雑用→

○町内会の年当番というものに来年度なるので会合にて引継ぎなど。

→庭木消毒の担当なのですが毎年同じ業者さんにやってもらっているから大丈夫と言われて引き継いで早速連絡したらご主人が亡くなって植木屋を廃業しましたと言われてしまいいきなり躓き・・・→町内会長の紹介された業者さんでいいです、という了承。

○二宮の甥っ子の子供(生後4ヶ月)の赤ちゃんを見る。

○自宅量水器の水漏れを水道局連絡→量水器BOXをコンクリートスラブに置いたときにコンクリートがBOX内に入ってしまっていてぎりぎり取り付けたバルブ付け根から漏れていたようでコンクリートをはつって直してもらう。先日の下水管工事の跡が汚いのは土木の方だそうです。未来世紀ブラジルみたいに直しに来た人がどんどん変なことをして収集つかなくなるようなことはなかった。

○月曜早朝から分室と自宅の資源ごみを出す

2014年3月 7日 (金)

12年間の荷物断捨離

2月末から昔のスケッチやカタログ、雑誌など整理しまくってます。

コレクター以外の人は収納スペースが一杯になったら中身を整理すれば絶対にいらないものが詰まっているはず。

アネックスは見積調整中に網戸が無いことに気づいてしまい、昨日追加で見積依頼をしました。

段取り悪くてどうもすみません。

2014年3月 6日 (木)

予算

おおまかな予算を決めておいたのですが、

結局2割増で落ち着くよう調整中です。

依頼された戸建住宅の場合はだいたい初回見積で2割増ぐらいの工務店に絞って減額調整をして1割増ぐらいで契約という感じが多いです。

もちろん、予算が絶対条件の場合は当初の予算までがんばる場合もあります。

見積全体で他社より安くても項目ごとに突出している箇所の材料やデザインを見直したり、可能ならば他の業者さんに見積ってもらって減額する場合も。

自宅アネックスように塗装工事もなく、最初から歩留まりを考えて設計していて、規模も小さい場合はなかなか大きな減額は難しいですね。

アネックスに付随してFLAT B本体の玄関+トイレ新設もあるし・・・

かといって職能を放棄してただの物置みたいになっても本末転倒だし。

2014年3月 5日 (水)

スティーブ・マックイーン

私の年齢ならばスティーブ・マックイーンといえば有名俳優でしたが、

今年のアカデミー作品賞の監督が同姓同名でした。

以前森美術館で開催されたターナー賞の歩み展でビデオインスタレーションを見たことがあったのですが、その後長編作家として着実に歩んでいたことは知りませんでした。

今年の受賞作品は見たいものがたくさん!

iPadに入れてある鑑賞メーターでどんどんチェックいれておきました。




※自宅アネックスは見積チェックを返信、2回目の見積待ち、電気工事は見積無しで工事突入か?

※炊飯器蓋開閉用ツメ部分が2度目の不具合。前回は修理に出したのですがその間不自由だしどうしようか?今朝も炊き上がったのに蓋が開かなくて必死に隙間にナイフを入れて開けました。もし開かなければトーストをご飯の箇所に入れたお弁当ってあるんでしょうか?どうでしょうか??

2014年3月 4日 (火)

アネックス見積記録0304

さて、自宅(FLAT B)アネックスの工事記録という新テーマをたてました。

昨年12月中旬に見積依頼したところ見積開始は2月初旬、工事開始は4月初旬という、増税前の混乱に大きく巻き込まれて止まっていたプロジェクト。

数日前にようやく見積1回目がUPしました。

しかしながら電気工事業者のみ見積対応をぜんぜんしてくれません。

ケータイに連絡するといい返事が返ってくるものの・・・

本体工事を担当していた人なので話が早いかと思ったら・・・

建築工事の方は微調整が必要なもののまとまりつつあるのでこのまま電気工事は見積しないで工事に突入するのか、他の業者に見積もらせるのか?

お客様の仕事ではなかなか書けない裏事情も自分が施主ならなんでもgo!な新テーマです。

どうぞお楽しみに!

2014年3月 3日 (月)

OS更新 その後

事務所のWINDOWSマシンをXPから7へアップグレードして約1ヶ月、いろいろと使い勝手が異なったり、データの移行等、不便な状況でしたが、ようやく安定してきました。

ブラウザのエクスプローラー11はメーカーやブログなど未対応のウェブサイトも多いので9にして、動かなくなるCADとPDFソフトのためにXPマシンを一台残しました。

わかったのは、なんでもかんでも消費増税で買い替えを煽っているけれど、CPUとメモリが足りていれば7へのアップグレードで必要十分だということ。むしろ最新の8.1は仕事上は無駄が多く不便ですらある。

簡単には最新に靡かないのは性分でもあるけれど、建築のつくりかたも含めて、経済政策的には反対分子ということになります。

(追記)会田誠さんのツイッターで「大学の美術学部の就職率はゼロを目指すべき!」というようなことが書いてあって笑ってしまいました。天才ならではの正論だけれど、学校は倒産、親御さんは泣いてしまいますよね。

140303_013201


2014年3月 1日 (土)

建築設計事務所の名前

よく知人の建築家から事務所名を変更した話を聞きます。

最初は自分の志にあった名称にしてみるものの、仕事上の連絡が増えていくなかで、とにかくひとことで簡単なほうがいいということがわかってきます。特に長い名前やカタカナ表記。

磯崎新アトリエに勤めていたとき、電話で名称をいうと、なんの会社ですかといわれて、磯崎新という建築家の設計事務所ですなんて説明することがありました。。。

ステューディオ2アーキテクツは、ロンドンにいたときに、菱谷と共同で設計コンペで賞を頂いたり、展覧会や雑誌用に、チーム名 STUDIO 2 ARCHITECTS があるとおさまりがよく、つけた名前です。英語圏ではとてもスムースでしたが。。。

電話で問い合わせするときのカタカナ名の説明。
「すてゅうでぃおとぅああきてくつう~のせっけいかんりで~」と地鎮祭での神主さんの祝詞。
聞き返され、間違われたりしているうちに、名前+建築設計事務所が簡単だとわかる。

で、二宮菱谷建築設計事務所はどうか。
「ニノミヤはカタカナの「ノ」は入らず、ヒシヤは「ミツビシ」の「ヒシ」に「タニ」。でもヒシタニじゃなくてヒシヤです。」

会社登録してからかれこれ10年以上。登録名に数字はつかえず、なんとステューディオ トゥ アーキテクツという表記になっています。

とはいえさまざまなところに名前を出していて簡単に変えられません。

そこでこれから初めて名乗るときには

「建築家のニノミヤヒロシです」

と言うことにしました。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »