« 外構3 | トップページ | 外構4 »

2013年11月 5日 (火)

古典

週末は連休だったのでDVD鑑賞2本
「インセプション」(初見)と「エイリアン」(たぶん2回目?)

「インセプション」の監督作品を見るのは話題作「メメント」以来です。
両作とも脚本の発想とその映像化は天才の仕事。
ただ、登場人物の抱える妻の喪失というテーマにイマイチ共感できないところが共通していました。
とはいえ、私は映画に対して「泣けて笑える」ということを求めがちなのであまり皆様の参考にはなりません。

「エイリアン」は中学か高校の文化祭で友人が小道具さんのように模型を作って展示した思い出があります。
すっかり古典として定着しているので初見の息子にとってはむしろ見慣れた感があるようでした。
それでも名作と言われる古典を鑑賞することは現在の作品を理解する上で重要です。
建築も古典や近代建築を知らないと現代建築の意味が理解できないのと同じかな。

« 外構3 | トップページ | 外構4 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古典:

« 外構3 | トップページ | 外構4 »