« DVD鑑賞 その後 | トップページ | 屋上の使われ方 »

2013年9月25日 (水)

30年後の自分

先週末見たブルース・ウィリスの「ルーパー」は

近未来から送られてくる人を始末する仕事人の話なのだけれど、普通のSFとは一線を画したものでした。

ループというのはぐるぐると時間が廻る環のことで、ややややこしいのだけれど、バックトゥザフューチャー、ターミネーター、ダイ・ハード、オーメンなどからいろんなアイデアやキャラクターを借用して、意図的に継ぎ接ぎしているところがユニークでもあります。

直接関係のない作品を混ぜ込んで収斂していくこういうやりかたを、単なるパロディやオマージュではなくて、物語の方法のひとつとして意図しているとすると、とてもチャレンジングに思えます。

そういうわけで、近未来の設定はひと通りあるものの、30年後の自分と現在の自分の思考の対峙が物語のテーマになっているところが面白い。

30年後の自分は、髪はないけど、含蓄はある。

でも、多くの経験をしているが故、強欲で強情。

今の自分にはない記憶や知恵が、害悪になることもあるんだろうな。。。

« DVD鑑賞 その後 | トップページ | 屋上の使われ方 »

男のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/53377487

この記事へのトラックバック一覧です: 30年後の自分:

« DVD鑑賞 その後 | トップページ | 屋上の使われ方 »