« HP works のディテール&マテリアルに loft をアップしました! | トップページ | ビル・カニンガムの究極の住まい »

2013年5月11日 (土)

居場所の感覚

昨日、息子が、膝前十字靱帯の再建後一年で、内部の金属を除去する手術の事前相談にて、担当医に言われたそうだ。

「手術の時に、半月板の状態も見てきますね。」

再確認したけれど、「見ときます。」ではなく、「見てきます。」 だったそうだ。

内視鏡手術は、体に触れず、モニターを見ながら、操作棒を動かしておこなうから、まさしく膝の中に入るという感覚なのだろう。

「ミクロの決死圏」のように、スケールが変幻自在になるということは、膝の中も、訪れることのできる場所だということだ。

こないだ「変わりゆく渋谷」というイベントにコラムを書いた時に、もはや人の集まる街だけが、文化の発生する拠点ではないと感じた。

スマホや内視鏡の普及によって、街も、膝の中も、端末の画面も、同列の「居場所」ということだ。

« HP works のディテール&マテリアルに loft をアップしました! | トップページ | ビル・カニンガムの究極の住まい »

男のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/51585227

この記事へのトラックバック一覧です: 居場所の感覚:

« HP works のディテール&マテリアルに loft をアップしました! | トップページ | ビル・カニンガムの究極の住まい »