« 粗大ゴミ | トップページ | 菅原智子個展へ »

2012年9月20日 (木)

おとなのけんか

春に見逃した「おとなのけんか」(Carnage)がすでにレンタルされていました。

ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、ジョン・C・ライリー、それと知らなかったけれどクリストフ・ヴァルツという俳優の4人芝居。

昨秋の「ゴースト・ライター」に続いて監督はロマン・ポランスキーということで、79でも衰えを感じさせない緻密なものづくりに感心するばかりです。

4人の演技も脚本もとても緊張感があるし、アパートのセットやカメラアングルもよい。

画集やチューリップの花器、酒や葉巻といった小物の扱いも効いている。

「水の中のナイフ」から50年。数多くの大作を経て、また初期の感覚が垣間見えたような気がします。

ケイト・ウィンスレットがいいけれど、クリストフ・ヴァルツもとてもいいです。(二宮)

Carnage2011

« 粗大ゴミ | トップページ | 菅原智子個展へ »

男のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/47139141

この記事へのトラックバック一覧です: おとなのけんか:

« 粗大ゴミ | トップページ | 菅原智子個展へ »