« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

IH or ガス?

年代による傾向があります。

40代以上の主婦はガスコンロ派が多いのですが

60代以上になるとIH派が増え、

30代以下はやはりIH派が多い。

とすると20年後ぐらいには圧倒的にIH派が多くなるということかも。。

IHを選択する方の理由で多いのは掃除し易いこと。

「五徳ってなに?」

という時代ももうすぐか。

2012年8月30日 (木)

浄水器

キッチンの浄水器は

1.BRITAなどで対応

2.ハワイ水などウォーターサーバーを使う

3.シーガルフォー、トリム、パナソニックなどの浄水器をキッチンにビルトイン

浄水できればなんでもいいという方と水の質に拘って選ぶ方と色々です。

2012年8月29日 (水)

農園付きマンション

今朝、ネットニュースを閲覧していたら

横浜市の農園付きマンション販売という項目があって読んでみたら

FLATS A+B(我が家)の最寄りの駅の新築マンションでした。

敷地内や屋上にあるわけではなくて徒歩数分の農園の中にマンション住民の為の区画を借りてあるのだとか・・・

駅の向こうにあった松坂屋ストアがなくなってマンションになるのは知っていましたが

そんな売り文句だったとは。

確かに地下鉄駅出ると畑だし。。

2012年8月28日 (火)

置き式?はめ込み?

洗面器のはなし

1.洋風の大きい衛生陶器単体(ペデスタル付もあり)

2.洗面カウンターに洗面ボール埋め込み(ステンレスカウンターにステンレスボールか人造大理石の一体成形か素朴な感じで木製カウンターに衛生陶器)

3.洗面カウンター上に置き式の衛生陶器を置く

建主さんのお好み&プランニングから決めています。

洗面所周りの細々したものはカルテルとかボビーワゴンを購入して使われている方が多いです。

2012年8月27日 (月)

どこでもドアホン!

パナソニックのテレビ付ドアホンで今主流なのが

「どこでもドアホン」です。

子機が電話の子機同様に持ち歩けるので

バルコニーで洗濯物を干している最中にはポッケに入れておけば来客に対応できちゃうっていうもの。

モニター親機の方は従来のテレビ付きドアホンと同様に留守中の来客を撮影する機能もあって防犯上付けたいという方にもおすすめなのですが、あとからその映像を見るのってちょっと怖い気もします。

2012年8月26日 (日)

大人買い

二宮は早朝のこだまで浜松へ。。。

私は先日読んだ「救命センター当直日誌」浜辺祐一著が面白かったので同じシリーズ3冊をamazonにて大人買い。

ついでに映画化で再販された「ひみつのアッコちゃん」赤塚不二夫著も4冊大人買い。

アッコちゃんのアニメ世代なので変身用コンパクトなど持っていた記憶がありますが原作はじっくり読んだことがなかったので。

2012年8月25日 (土)

1階は風が吹いて涼しかった

昨日は14時から17時まで設備関連打合せ

20120824

二宮と影に監督さん、反対側にガス屋さん、設備屋さん、電気屋さん、で手が大工さん・・・

内容は電気関連の変更箇所の確認や配線経路の確認・確保と床暖房設備途中追加の場合の問題点解決など

その後17時から18時半まで二宮と監督さんと大工さんが残って

板金と空庭の打合せ。

次回の日時は未定!

2012年8月24日 (金)

現場監理

今日は辻堂の住宅現場監理

打合せ予定項目は

設備関連と外壁板金関連です。

とっても暑そうなので

日焼け止め、帽子、水筒、暑さによってコンタクトレンズが乾いて眼睛疲労になってそこから起きる頭痛予防の為に肩こり塗り薬完備で行ってきます~!

2012年8月23日 (木)

弁当

残暑厳しい中皆様夏バテしていませんか?

息子の学校が再開するとまた早起き&弁当作りの日々が戻ってきます。

お弁当ブログで面白いものを毎日愛読していますが

サラリーマン(男女のことを指すようになったのか?)の方々は真夏でもがんばって弁当男子、弁当女子してますね。

ちょっとネジ巻き直さないとお弁当をチャカチャカ短時間で作るパワーが湧いてきません。。

2012年8月22日 (水)

丸の内

昨日は丸の内周辺に久しぶりに行ってまいりました。

リニュアールした東京駅駅舎の屋根を眺めたり

丸ビルエントランスにあるKISAさんの彫刻を眺めたり

モルトン・ブラウンの製品の日本価格が高くてびっくりしたり・・・

神奈川県で住宅を建てていると

「家から富士山が見える」とか隣の家の方から「富士山が見えなくなった」とかよく言われるのですが、

丸の内からも皇居の上空がぽっかり空いていので、

ビルの隙間にくっきり富士山が見える晴天でした。

いつになったら秋が来るのかな?と思いつつ、

涼しくなったらなったでちょっと寂しいんだろうな、

と思う季節になりました。

2012年8月21日 (火)

フェイスブックとイントロバート

建築家の仲間に勧められて「フェイスブック」に登録したものの、友達登録のやりとり以外にはアクセスしないまま半年が過ぎ。

久々に見ると、自分が、ある政治家のコメントやネットショップの商品に「いいね!」といっていますとあり、びっくり。

システムエラーだとは思うけれど、知らないうちに身に覚えのない誤情報が流れているとするとこわい。

そういえば、なんで?と思うようなメーカーを知人が「いいね!」と言っていますとあったりして不思議に思うこともあります。

いろんなSNSがコミュニケーションの可能性を広げている反面、意外なストレスにもなる。

フェイスブックの本家アメリカでは「イントロバート」つまり内向性のすすめのような本がベストセラーになって宣伝されている。

Quiet: The Power of Introverts in a World That Can't Stop Talking

by Susan Cain

彼女はフェイスブックをやっているだろうか。

2012年8月20日 (月)

週末は・・

今週は辻堂の現場にて設備打合せ、

『浜松の住宅』と別件にて浜松へ。

※昨日読み直したけらえいこ著『あたしンチ』は

登場人物の『みかん』と『ゆず』の高校・中学生活が息子と重なるようになってきたこことにびっくり。

『母』は以前は自分の母や義母と重なっていたのがだんだん自分も重なる部分が多くなってきて猛省。

見直したDVD『トータル・リコール』はシャロン・ストーンもいいけどレイチェル・ティコティンも悪くないと思えた。

高校野球は神奈川代表がベスト8に進む。

確か去年は旅先の大阪の飲食店にて

「横浜からですか、、横浜高校負けちゃいましたね」

と言われてちょっとカチンと来た。

・・・そんなぐうたらな日曜日でした。

2012年8月19日 (日)

来年の手帳!

今年はほぼ日手帳を愛用しています。

分厚いのでなんでもかんでも書き留めておくと後から思い出すのに便利。

電車の時刻もメモだとどこかに行ってしまったりその場限りで捨ててしまうのですが

手帳に書いておくと残っていて便利便利・・・

もう来年版が発表とは!

中身だけ買えばいいところをついつい新しいカバーに見入ってしまう季節です。

2012年8月18日 (土)

雷雨

今現在横浜は久しぶりの大雨です。

今週は夏休みを終えた現場からどんどん施工図がやってきています。

そろそろ世間の夏休みモードは終わりのようです。

私は夏の旅行は諦めて美味しいものでも食べて暑気払いしたいと思います。

2012年8月17日 (金)

手術後1ヶ月

本日午後は息子の付き添いで

病院に行ってきます。

暑い時間なので流石に徒歩30分の道のりを歩くのは止めようかと・・・

退院して約2週間でようやく宿題も遅れた分を取り戻したようです。

2012年8月16日 (木)

ナイト・ショー 今後の予定

一昨日菱谷の書いていた『トータル・リコール』は原発村の問題そのものにも思える原作のSFがとてもよくできていて好きな作品です。

昔の映画は、シュワルツネッガーの代表作じゃないかなと思っています。

シャロン・ストーンもでているしね。

リドリー・スコット監督の『プロメテウス』も見たいと思いますが、

今後楽しみにしているナイト・ショーをメモしておくと。。。

スティーブン・ソダバーグ監督 マシュー・マコノヒー主演の 『MAGIC MIKE』

アニエスカ・ホランド監督の 『ソハの地下水道』

セス・マクファーレン監督 マイク・ウォールバーグ主演の 『Ted』

リチャード・リンクレーター監督 ジャック・ブラック主演の 『Bernie』

サシャ・バロン・コーエン監督の 『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』

今年の後半は楽しみな映画が多いのです。

2012年8月15日 (水)

今年はゴーヤは・・

思えば去年の夏は義母がFLAT A+Bの庭でゴーヤを大量栽培し、

来る日も来る日もゴーヤ攻撃を受けていました。

義母曰く、100本以上採れてお友達と出かけるときは買物カートに山盛り入れて横浜駅でさばいたんだとか・・・

今年はゴーヤの栽培をやらなかったようです。

以前にもバジルを大量栽培して、

もらった私はバジルソースにして美味しく頂いたのですが

本人はバジルが嫌いだったそうで・・・

その後、バジルの栽培も行われていません。

2012年8月14日 (火)

トータル・リコール

トータル・リコール(1990)は劇場で見ました。

その時は余り好きではなかったのですが

ロンドンのテレビでやっていたのを再度見たら

印象が変って面白かったのです。

初めて見たときは火星世界のイメージがグロテスクでしたが

2度目に見たときはストーリーの面白さを追えたって感じです。

他に「プロメテウス」も「エイリアン」「ブレードランナー」世代の私としては外せないか?

久しぶりにSF大作が相次いで公開されていて気になっています。

まずは二宮に久しぶりのナイト・ショーで偵察してきてもらいましょうか。

2012年8月13日 (月)

まじめに再開

すっかりさぼっていました。

さて、ようやくオリンピックも終わりました。

今月は息子の宿題の関係で新聞をとっているのですが

オリンピック期間中は紙面のほとんどがオリンピックに占められていました。

久しぶりに新聞を読んで驚いたことのひとつに

テレビ欄が地デジチャンネルになっていて一番右がフジテレビ(8チャンネル)だってこと。

長年親しんだ1・3・4・6・8・10・12ではありません。

今でも「10チャンネルでやっているよ!」

と言って「ああ。5だね」と変換しているのは私だけだったのか?!

仕事は現場やら関係者の方々が夏休みモードなのに引きずられていますが

休み明けの宿題があったり中間検査の追加報告書があったりコーディネート会社への報告書があったりなんだかんだと進めています。

2012年8月 9日 (木)

金物検査

昨日は辻堂の住宅の

金物緊結時設計検査と

申請機関の中間検査でした。

Photo

現場は12日(日)から15日(水)まで夏季休業となります。

2012年8月 7日 (火)

オリンピックの身代金

オリンピック真っ只中に

「オリンピックの身代金」を読書中・・・

物語の背景は東京オリンピック開催直前の東京。

時代背景の描写が多く、戦後日本の気運を感じさせられます。

朝の連ドラ、たまにちらっと見ている「梅ちゃん先生」も戦後の蒲田という設定ですが時代を感じさせる表現があまりにも平坦で物語に厚みがないのが気になります。

それとも、そういったありきたりの話作りではない、新しいタイプの連ドラを目指しているのかもしれませんが。

2012年8月 6日 (月)

無事退院

ご心配頂いていた息子の手術入院ですが

予定通り退院しました。

入院生活がイヤだったということもなく

自宅は退屈な様子です。

入院中は宿題をやっていると

担当医や看護師さんに褒められたり

リハビリも老人に比べて当然早いわけで

おだてられていたようです。

例の公民の宿題のために8月だけ新聞をとっているのですがオリンピックの記事が多すぎて公民ネタは選ぶ余地無く1つか2つです。お見舞いに来てくれた同級生もとりあえず記事を切りぬいてスクラップしているだけで考察は書いていないということで安心しきって記事が溜まる溜まる・・・毎日新聞をとった理由は東海林さだおのアサッテ君。。

2012年8月 3日 (金)

就寝前の読書

毎日暑いですね。

ここ数日の就寝前に読んだ本

「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦著

「ケルベロスの肖像」海堂尊著

でした。

今晩からは「オリンピックの身代金」奥田英朗著を読み始める予定。

2012年8月 1日 (水)

誤審と保身

先週、イギリスのバークレイズ銀行から、口座継続のために、本人確認の書類を要求され、口座のある最寄りの都市銀行に聞いたところ、そんなサービスはしていないとの一点張り。

口座があるかぎり、本人確認できて当然なのに、書類の一枚も書いてくれない銀行ってなんだろう。

しかたないので、六本木ヒルズにあるバークレイズ日本支社までパスポートを持って相談しにいったら、フォーマットなんてないけれど、本人だと確認したという手紙を作ってくれました。

さてイギリスといえば、ロンドンオリンピックが始まって、ひとつ印象深いのは、柔道、体操、水泳、どれも審判の判定が選手側の抗議で修正されたりしていることです。

日本のアマチュアスポーツだと、あきらかな誤審でも、審判の判定がすべてと言わんばかりに、抗議そのものが突っぱねられたり、潔くないと叩かれたり。プロ野球だと暴言や暴力になったり。。。

審判のレベルが低いからだめという声もあるだろうけれど、ミスは誰にもあるから、真摯に抗議して、審判もそうだと思えば、素直に間違いを認めて、修正できる空気のほうがより大事だ。

感情的にならず、決して腐らず、公的な場で意見を言う。逆に、意見を述べなければ、何も得られず、搾取され続けることもありますが、これこそ国際都市ロンドンのアカデミーや一部の社会に感じる成熟した部分です。

高校野球の甲子園大会で地元横浜高校の渡辺監督が審判に間違いを指摘したら厳重注意されたことがあったけれど、修正はおろか、ミスを指摘することすら許さない社会や職業、学校や人間関係に未来はあるだろうか。

それにしても柔道の篠原監督、一本とったのに負けた経験からか、迫力がありますね。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »