« 寒い日の翌日、晴天の朝 | トップページ | 風邪でダウン »

2011年12月11日 (日)

赤ワインの値段

先日「建築家住宅の会」会合後の忘年会にて

二宮は建築家岡村さんから老眼治療3カ条を伝授されました。

そのうち1つが

「1本1200円以上の赤ワイン。

特にイタリア政府公認を飲む。」

というものでした。

私は先日のPulp Fictionのコーヒー豆のダイアローグ

She buys shit !

じゃないけれど1000円目安に買っていた・・・

あとのふたつは

「赤い箱にはいった最高級目薬」

「毎日干しブルーベリーをボリボリと食べる」

47でつくった老眼鏡も今や不要となったらしい。

« 寒い日の翌日、晴天の朝 | トップページ | 風邪でダウン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

TRIPODさん
札幌はさすがに寒そうですね!
スキーには行かれていますか?
ところで高級目薬とブルーベリーはよさそうですが
1200円以上のワインはというと。。。
老眼治療を言い訳にして飲みたいだけと想像します。
レスべラトロールというのは知りませんでしたがこんどみてみます。
それにしても、健康関連の話題が増えてくる年代ですね。
お互い身体に気をつけて元気なおじさんになりましょう!

ご無沙汰してます。
札幌は雪がガンガン降ってます。
気温も一日中ほとんどマイナスです・・・(笑)

私も老眼気味になっていますが、
視力が弱いからなのか、まだ酷くはありません。
普通の近視のメガネで大丈夫なんです。

サーチュイン遺伝子の事じゃないですかね?
その方がおっしゃっているのは・・・
レスベラトロールが良いらしいですね。
関係ないって話もありますが・・・
1,200円位のワインでも毎日飲むと体にも懐にもよくないですから、
レスベラトロールのサプリを買った方がいいですよ(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/43334322

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ワインの値段:

« 寒い日の翌日、晴天の朝 | トップページ | 風邪でダウン »