« 集中 | トップページ | 夏の名作 »

2011年8月 5日 (金)

思い出

もう週末ですね。

ここ数日は現場監理中の建築の細かい変更要望への対応や

出版に向けての編集的作業や

インターネット上のサイト資料提供やら。。

サッカー松田直樹選手がお亡くなりになりました。

横浜市民にとっては元代表という以上に地元マリノスでずっと活躍していた選手だったので

中華街の門の前に立って横浜のプロスポーツを応援するポスターや

市の教育委員会から配られる食育のパンフレットで健康に気遣った食事内容を披露していたり

もちろんサッカー観戦といえばマリノス戦が一番多かったので

退場したり、ラスト10分でディフェンダーなのにめちゃめちゃ上がって攻撃参加したり

すごく印象深い選手だったので

人間の運命といえ自分の中でうまく整理できずにいます。

« 集中 | トップページ | 夏の名作 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

広州タワーはオランダ人の友人夫婦です。たしかに中国では海外の雑誌を見ながら「これにしよう」といって一日で高層ビルのデザインを決定するようなかんじです。でも、それじゃあ駄目だと悟って外人にやらせるとなれば思い切ったことができるのは日本と同じです。

でも日本は関西空港以降結局鎖国状態ですから、オスロの犯人が憧れたのもわかります。国を閉じて地域も閉じる。東北復興の最大の問題は市場の閉鎖性です。辞めた復興大臣の失言はそのことを言っていたのですね。

広島の原爆慰霊碑のデザインは、ノグチの案が傑出していたのに、日本の学閥の閉鎖性によって例の即日設計のデザインになっておりますね。

松田直樹選手の後半10分の攻め上がりは本当に感動的でした。リスクを覚悟の上で、常識に囚われず、危機的な状況を切り開こうとした精神。学ぶところが多いです。

今日の札幌は蒸します・・・と言っても、快適なんですが・・・私には(^^;

広州タワー(?)は知り合いの方の設計だったんですね・・・
基本的な構造は似ているような気がするんですが、
どうして●カ●ツリーは野暮ったいんですかね・・・
パクリ●幹線を走らせる中国の、建築コンペの潔さはどこからくるんですかね??
と言っても円盤を頭上にいただいた醜い高層ビルが乱立してもいるんですけどね・・・(^^;
S2Aもどっかの公共事業かモニュメント期待しています!(真面目に!)

会社の近くにイサムノグチの黒御影石(?)の滑り台があるのですが、
元は大通公園を道路が貫いているところに設置された滑り台!
ノグチの意見で大通公園はそこだけ区画が広くなっています。
大通公園は道路によって結構南北に分断されているんですが、
ノグチは良く役人を動かせたな・・・と感心します・・・

■松田選手はとても記憶に残る選手です。
自分レベルでも色々ある人生なのに、
その気持ちを考えれば考える程、辛くてなりません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/41089013

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出:

« 集中 | トップページ | 夏の名作 »