« 生活時間帯 | トップページ | 今週の予定 »

2011年6月13日 (月)

万城目学

子供も菱谷も夢中になっている万城目学作品。

昔、作品がそっくりになってしまったことがあって以来村上春樹は読まないのだとか。

パラレルとか対比の構造を意識的に避けて、異なる時代の構造が滑らかに同時に重なり合うアイデアは、異種混交や多層構造を主題とする現代建築や都市デザインにも通じるところがある。

阿川佐和子の対談(週刊文春)で

「歴史小説はかくあるべきと考える人が怒るようなものを書きたい」

という様なことも言っていて、建築も同じだと共感しました。

« 生活時間帯 | トップページ | 今週の予定 »

男のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/40374276

この記事へのトラックバック一覧です: 万城目学:

« 生活時間帯 | トップページ | 今週の予定 »