« 昨晩の読書 | トップページ | 急停車 »

2011年2月12日 (土)

人足のアルバイト

芥川賞をとった西村賢太著の私小説「苦役列車」

じつは大学時代にまさに小説に描かれているような荷役をしたことがあって

いつも帰りに蒲田で散財していた無頼な輩を思い出しました。

作者ほど劇的な生い立ちでないほとんどの読者は、共感するというよりも、

自分が主人公の侮蔑の対象から逃れられないことにどきりとするのかもしれません。

石原慎太郎が評価していて、その好対照にも興味を覚えました。

« 昨晩の読書 | トップページ | 急停車 »

男のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/38827869

この記事へのトラックバック一覧です: 人足のアルバイト:

« 昨晩の読書 | トップページ | 急停車 »