« 寒い現場定例 | トップページ | 雑誌取材 »

2010年10月22日 (金)

昭和軽薄体

中学1年生の国語の教科書を見たら、

巻頭はなんと椎名誠の続岳物語からの抜粋。

自分の中学時代、教科書をテスト前以外に読むことはなかったのですが、

「ふろ場の散髪」というお話に始まって、

続くヘッセ、ヘンリーの短編、佐野眞一の宮本常一伝!

とついつい読み耽ってしまいました。

当時からよく読めばもっと感受性の豊かな少年でいられたのかも。。。

でも椎名誠がいまや教科書の巻頭なのだから

近頃の教科書は柔軟性があって面白くなっているかもしれません。

べつに明治の文豪がいけないわけではないけれど。

Photo

« 寒い現場定例 | トップページ | 雑誌取材 »

男のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/37339750

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和軽薄体:

« 寒い現場定例 | トップページ | 雑誌取材 »