« 準備委員会 | トップページ | どうなっていたかというと »

2010年7月 4日 (日)

職住連続

大磯の分譲地にたつパン工房併設の住宅 nico (ニコ)

これから開店するベーカリーの名前です。

竣工写真をstudio2のウェブサイト に掲載しました。

ご主人は経営やパンづくりの実務を経て、

この郊外住宅で二人の育児をしながら起業することに。

インターネットで取り寄せるこだわりのごほうびパン。

看板を掲げたお店でもなく、周囲の専用住宅とも異なる外観。

かつて町工場とか近隣商店などではごく自然な住居形式だった

職住が連続した構成になっています。

GAPは女性イラストレータのSOHO(仕事場付の住宅)

BENTOは自営弁当工場内にたつ住宅

これからの住まいは、仕事と家事や育児をどう混ぜ合わせるのか。

個々のライフスタイルに対応した空間構成やプログラム

がますます求められていくと思います。

« 準備委員会 | トップページ | どうなっていたかというと »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 職住連続:

« 準備委員会 | トップページ | どうなっていたかというと »