« 施工図と確認申請状況 | トップページ | 金メダル? »

2010年3月13日 (土)

配合計画書

ひとくちにコンクリートといっても

水とセメントと砂利をはじめ材料の混ぜ方によって強度や流動性が違ってきたりします。

だから設計では建物ごとに季節や部位に合わせてコンクリートの配合を指定します。

ところが最近生コンプラントから出てくる配合計画書のただし書きになぜかお決まりのように

「ただし骨材の質量割合、混和材の使用量については断りなしに変更する場合がある。」

と書かれていたりします。

設計監理しているのに無断で変更されては意味が無いので都度注意せねばなりません。

たぶん勝手にかえていいとはだれも思っていないと思いますが

天候や温度に合わせて微調整することもあり、

早朝から監理者に相談している暇が無い場合の保険をかけているということなのかもしれません。

アイスキャンデーにはこんな文言がありました。

「冷蔵庫から出してすぐに食べると舌にはりつくことがあります。」

「食べ終わったあと棒をくわえていると怪我をすることがあります。」

保険かけすぎの時代。。。

0313

おまけ:写真は義理チョコ返しの品・・・

« 施工図と確認申請状況 | トップページ | 金メダル? »

工事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/33749294

この記事へのトラックバック一覧です: 配合計画書:

« 施工図と確認申請状況 | トップページ | 金メダル? »