« 倉吉から三朝温泉へ | トップページ | 役行者が投げ入れたようだから »

2009年8月11日 (火)

日本一危険な国宝

三佛寺投入堂への参拝には

入山前の履物検査があり

滑り止めが十分でないと

草鞋に履き替えなくてはいけません。

滑落事故が頻繁で

単独参拝も許可されません。

死亡事故も4年連続とのことで

けっしてバリアフリーではありません。

私達がふもとに戻ってくると

スニーカーの許可が下りずに

逆切れしている中年男性が

いったいどんな靴ならいいのよ?

と二宮にトレシューの裏をみせてもらい

だったらもう行かないよと。。。

足元をみるとLVという金のロゴが。。。

なるほど投入堂と相性が悪そうです。

ちなみに

(二宮)ナイキトレシュー→許可

(息子)アディダストレシュー→許可

(菱谷)コンバーススニーカー→不許可→草鞋

(その他)ジョギングシューズ全般→不許可→草鞋

つまりきちんとゴムの突起があるソールだけがOK。

ただし滑りやすい苔やぬかるみもあるから

どんなシューズよりも

素足に草鞋が一番という

旅館の仲居さんの助言通りなのでした。

Photo_5

« 倉吉から三朝温泉へ | トップページ | 役行者が投げ入れたようだから »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/30893622

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一危険な国宝:

« 倉吉から三朝温泉へ | トップページ | 役行者が投げ入れたようだから »