« 日本一危険な国宝 | トップページ | 倉吉から岡山へ »

2009年8月12日 (水)

役行者が投げ入れたようだから

今日の午後は単世帯二世代住宅の打合せです。

実施設計の途中経過報告といった内容。。。

他に来週見積図UP予定(工務店に見積図を出す)の店舗付住宅も細かいところを詰めないといけません!

夏休み終了して3日目に入り、

少しパワーUP。

昨日た~くさん三徳山の写真をUPしておきながら

投入堂の写真がまだでした。

崖や木の根をよじ登ってアスレチックさながらですが

道程の体験すべてが日本的な場として構想されていて

このあまりに美しくささやかなお堂によって完結します。

場に変更を施すことなく新しい場を生み出して重ねあわせること。

日本の建築は、建物の技巧を語るだけではあまりに不足で

見えない場といかに向き合うかなのだと

改めて感じさせてくれます。

0812

« 日本一危険な国宝 | トップページ | 倉吉から岡山へ »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/30925131

この記事へのトラックバック一覧です: 役行者が投げ入れたようだから:

« 日本一危険な国宝 | トップページ | 倉吉から岡山へ »