« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

8月最終日

今週は

○実施設計2軒→どんどん進める

○鵠沼の住宅竣工写真撮影→天気が不安

○ザ・ハウスで建てた家原稿書き→BENTOです

○海の住宅計画打合せ→模型検討中

○店舗付住宅→見積UP前の静けさor工務店さんから質問出てくる?

おまけ:

夏休みの自由研究旅日記を担任の先生がみて

「先生もここ行ってみたいんだぁ!」

とは投入堂のこと

○食欲の秋絶好調

Photo

2009年8月30日 (日)

出口調査

選挙の投票に小学校へ行ったら

出口調査(日本テレビ)がきてました

まったく注目選挙区ではないのですが・・・

なぜか横浜市長選挙も同時にあり。

15秒で済むので協力しました。

きょうは近くでメガネを新調。

これから横浜駅へ

子の迎えに。

2009年8月29日 (土)

逆さにする

一世帯二世代住宅の実施設計。

1階が共有階で2階と半地下がそれぞれの夫婦専用

地上の建物を空中に持ち上げて、

隙間から半地下の採光と通風をとる。

1階のコンクリートスラブに生活設備をぶら下げて

一体の床面に流動的なゾーンを生み出そうというスタディ。

そういえば師匠のジェフリー・キプニスは

スタジオにあった建築雑誌の写真を逆さにしては

斬新な建築論に展開していました。

0829

2009年8月28日 (金)

ベルマーク

昨日は夏休み最終日で

家の中の片付け+小学校への提出物など確認していたら

ベルマーク集めの袋がでてきました。

最近活動がやや下火で

付いている商品がなかなかない。

学校によってはもう集めていないところもあるとか。

インクジェットプリンター使用済みカートリッジも対象商品なので

それを学校に持っていくことに。

いらなそうな空き箱も

「図工で使うかも?」

と思うと処分できず・・

テレビカウンターの前にごちゃっと

たまっていたDM類を整理したのが精一杯。

写真はきれいになったテレビの上の太陽の搭レプリカ

実家が大阪のG-BASEの奥さまからの頂き物。

Dsc_0617

2009年8月27日 (木)

行く夏

一昨日、無事に店舗付住宅の見積図を工務店に提出しました。

3週間ほどで見積書が提出されて

設計事務所が内容をチェックして

ネゴといった段取りになります。

予算の折り合いが着きそうなら、

並行して確認申請・・・

あっというまに

夏も終わり・・・

気持ちを食欲の秋に切り替えてがんばって行きたいと思います。

0826

2009年8月26日 (水)

テレビ放映の反響

「BENTO」の建て主さんのお話。

その後工場のベテラン女性がどうしても見たい!

ということで、休み時間にわざわざ工場に

大型テレビを持ち込み、みんなで

「建もの探訪」 鑑賞会。。。

結果、ほとんど

ドリフの大爆笑(の裏で流れるお姉さんたちの笑い声)状態

にて大団円とのことでした。

私たちは「建て主さん落ち着いていてさすがだな」

と感心するばかりで

笑う所?なかったはずなのですが。。。

とはいえいつもの社長や専務がテレビに出てるんだから

やっぱり大いに盛り上がるわけですね。

素敵な逸話をありがとうございました。

0827

2009年8月25日 (火)

今週の予定

○店舗付住宅の見積図提出

○海の住宅計画 規模の見直し

○一世帯二世代住宅実施設計

○二世帯三世代住宅実施設計

○鵠沼の住宅竣工写真撮影日程決め

○建築計画のコンサルテーション

おまけ:

息子、金曜日から小学校開始。

SUMAI no SEKKEI 掲載号届きました。

ありがとうございます。

0825

2009年8月24日 (月)

ベルリン

昨夕のベルリンマラソン。

街を周回するコースなので

シンケル、ミース、シャロウンの名作が何度も映しだされていました。

真冬のベルリンを旅した帰路

フィルムが入ったままのカメラを

夜行列車で盗まれて

早朝到着したパリ北駅で届出・・・

シャロン・ストーンとシルベスタ・スタローン主演の映画ポスターが

貼られていた警察署だったことを思い出し・・・

私の人生の中で被害届を出したのはその時だけです。

(いまのところ)

そんなわけで我が家の写真ファイルには

コルビュジェのベルリンのユニテがありません・・・

今日の写真はマラソンのコースに入っていなかった名作から

AEGタービン工場(1909年:ペーター・ベーレンス設計)

文化施設だからというのではなくて

工場やアパートが街の遺産として残ることに意味がある。

photo by Hiroshi Ninomiya

Aeg0824

2009年8月23日 (日)

きょうの放送内容

今朝は早起きして見れました。

渡辺篤史さんご本人は下見しないで

あそこまでスムーズに進められるというのが

すごいですよね。

番組HPに写真がUPされています。

http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/index.html

通常は地鎮祭でもない限り日曜日はお休みですが

明日が見積図の締め切りなので

今日は仕事です。

2009年8月22日 (土)

横浜東口からマリノスタウンへ

昨夕は日曜日に見学した日産ビルを経由して

マリノスタウンへ子供の迎えに行きました。

河沿いのカフェスペースが気持ち良さそう。。。

まだ一部工事中の通り抜け通路を使うと

少し便利になりました。

おまけ:

明日の早朝6時から渡辺篤史建もの探訪にて

studio2設計の「BENTO」が紹介されます。

早起きして見る予定です。

0821_2

2009年8月21日 (金)

きょう発売です。

studio2設計の「BENTO」が掲載されている

SUMAI no SEKKEI 10月号 

http://www.fusosha.co.jp/sumai/

まだ届いていませんが

子育て特集のようです。

本屋さんでチェックしてください。

店舗付住宅の見積図まとめで

てんぱっている状況です・・・ので

こんなところで今日は失礼致しますm(_ _)m

2009年8月20日 (木)

さいこうゆったし

7年程前、

竣工写真の小道具として

コンランショップにて1万円ちょっとで購入した

デッキチェア・・・

布地は交換できるので

1枚目の無地が古くなり

ストライプ柄を2枚持っていたのですが、

昨日、布の劣化で座った瞬間にビリッと破れました!

写真のは冬用の色ですが急遽付け替えました。

今度新宿に行く機会があったら予備を買ってこようと思います。

我が家は紺屋の白袴状態でソファーが未だ無いので

このデッキチェアはタイトルの名で呼び親しまれております。

0820

2009年8月19日 (水)

きのうの一枚

竣工してから2年余り・・・

理想的な住まわれ方です。

取材ついでに見つけた、

キッチン吊戸棚ズレを

工務店さんに連絡したところ

今朝から工務店監督さんと

キッチン制作会社の方々が

調整しにきてくれました。

取材協力して頂いた建主さん、編集者さん、カメラマンさん、

皆様お疲れさまでした。

中抜けしていた菱谷は取材終了間際に戻って

ちゃっかりご主人お手製のオレンジケーキを

頂いて帰ってまいりました。

ラッキー!

0819

2009年8月18日 (火)

只今取材中

RIDGEの取材に訪れた編集者さんとカメラマンさんが

撮影アングルを練っているところです。

いい写真お願いします。

二宮もこの機会に新しい一眼レフデジカメで

ワンカット納めようともくろんでいました。

建主さんの蔵書/お菓子本やカフェ本に後ろ髪引かれながら

業務に戻った菱谷でした。

0818

2009年8月17日 (月)

皆様お盆休み明けですか?

今週は

◎店舗付住宅の実施設計まとめ

→一週間遅れてスミマセン

○RIDGEの雑誌取材

→晴れそうで良かった

○二世帯三世代住宅のインテリア検討

→模型で設計意図が解るように

○一世帯二世代住宅のインテリア検討

→さらにデザイン性を高める

○鵠沼の住宅竣工写真撮影段取り

宣伝としては

◎21日発売の新しい住まいの設計10月号に「BENTO」掲載

◎23日早朝 渡辺篤史建もの探訪にて「BENTO」放映

写真は昨晩久しぶりに購入た目にいいおやつ・・・

横浜に買物に行って

日産本社ビルがオープンしていたので

見学してきました。

0817

2009年8月16日 (日)

なにねろてるの?

最後は新梅田食堂街で大阪を満喫して帰路

写真撮影はムスコです。

カメラを構えていると

大阪のおっちゃんに

「ぼく、なにねろてるの?」

とかまわれていました。

0816

2009年8月15日 (土)

山間の間合

岡山駅を過ぎて吉永駅からタクシーで10分・・・

旧閑谷学校へ

運転手さんが言うには

去年NHKの番組で紅葉した楷(かい)の木が紹介されて

秋には大渋滞で駐車場も増設されたとか。

国宝の講堂はもちろん

個々にすばらしい建築の集合体なのですが、

特に石塀によって統合された物と物の「間合」が素晴らしい。

大胆かつ緻密に積まれた長大な石塀が

目線すれすれに設定され

囲われることと開放されることのぎりぎりのバランスを

保ちながらいろいろな場をつくっています。

空間の心地よさというのはこうした緊張感と

表裏一体なのだと感じます。

0815

2009年8月14日 (金)

引き続き岡山周辺にて

岡山西警察署(設計:磯崎新 1996)

カメラを持って近づいていくと

お昼休みに出かける署員さんから

「見学にきたの?」

とお声がかかります。

学生さんを中心に未だ見学者が多いそう。

土曜日は宿直以外お休みだったのですが

ご親切に中まで見学させて頂きありがとうございました。

壮大な列柱のエントランスは朝夕清々しい気分になれるそう。

こちらもうれしい気分になりました。

Photo   

2009年8月13日 (木)

倉吉から岡山へ

三徳山を無事に下山し

岡山へ・・・

翌日は吉備津神社から。

屋根や平面ばかりでなく拝殿から本殿へ向けて

ダイナミックに上昇してゆく内部空間が

特異で雄大な神社建築。

といっても

巡礼地というよりは

お宮参りの参拝客と

境内の弓道場で練習する

高校生の部活動

考えてみれば

地鎮祭も神主さん。

生活に根付いています。

おまけ:

三徳山から倉吉駅に行くバスで帽子を忘れてしまったようです。

さらに昨朝コンタクトレンズを入れようとしたら左が無くなっていた!

無くすときは連続して無くすので気をつけないと。。。

0813

2009年8月12日 (水)

役行者が投げ入れたようだから

今日の午後は単世帯二世代住宅の打合せです。

実施設計の途中経過報告といった内容。。。

他に来週見積図UP予定(工務店に見積図を出す)の店舗付住宅も細かいところを詰めないといけません!

夏休み終了して3日目に入り、

少しパワーUP。

昨日た~くさん三徳山の写真をUPしておきながら

投入堂の写真がまだでした。

崖や木の根をよじ登ってアスレチックさながらですが

道程の体験すべてが日本的な場として構想されていて

このあまりに美しくささやかなお堂によって完結します。

場に変更を施すことなく新しい場を生み出して重ねあわせること。

日本の建築は、建物の技巧を語るだけではあまりに不足で

見えない場といかに向き合うかなのだと

改めて感じさせてくれます。

0812

2009年8月11日 (火)

日本一危険な国宝

三佛寺投入堂への参拝には

入山前の履物検査があり

滑り止めが十分でないと

草鞋に履き替えなくてはいけません。

滑落事故が頻繁で

単独参拝も許可されません。

死亡事故も4年連続とのことで

けっしてバリアフリーではありません。

私達がふもとに戻ってくると

スニーカーの許可が下りずに

逆切れしている中年男性が

いったいどんな靴ならいいのよ?

と二宮にトレシューの裏をみせてもらい

だったらもう行かないよと。。。

足元をみるとLVという金のロゴが。。。

なるほど投入堂と相性が悪そうです。

ちなみに

(二宮)ナイキトレシュー→許可

(息子)アディダストレシュー→許可

(菱谷)コンバーススニーカー→不許可→草鞋

(その他)ジョギングシューズ全般→不許可→草鞋

つまりきちんとゴムの突起があるソールだけがOK。

ただし滑りやすい苔やぬかるみもあるから

どんなシューズよりも

素足に草鞋が一番という

旅館の仲居さんの助言通りなのでした。

Photo_5

2009年8月10日 (月)

倉吉から三朝温泉へ

姫路から特急で2時間余り

倉吉駅から車で10分の三朝(みささ)温泉へ。

ここから三徳山三佛寺まで車で15分

思えば20年ぶりの温泉。

ひなびた温泉らしく築77年の木造建築の宿で

明朝への英気を養います。

ちなみに老朽化した倉吉の役場は故丹下健三設計。

車窓からみえる景色は、古い家々がみごとに残っていて

新しくないことのありがたさを感じます。

Photo_2

2009年8月 9日 (日)

修行の後の身の軽さ

一足早い夏休みを終えて

昨晩横浜に帰ってきました。

投入堂(なげいれどう)は噂どおり厳しい道程でしたが

修行を積んだ後、

家の近所の坂道が平に感じる菱谷です。

休み中にご連絡頂いた方への返信が滞ってしまい

ご迷惑おかけしました。

明日からまた業務再開します。

というわけで、しばらく旅の写真にお付き合い下さい。

今日の1枚は倉吉への道程に立寄った姫路城

城砦は空間として見るべきものが少ないけれども

ここの見え隠れしながら登る坂道は断然面白い。

0809

2009年8月 8日 (土)

そんなわけで

ただいま休暇中

photo by Hiroshi Ninomiya

Photo_5

2009年8月 7日 (金)

好きな住宅

ロンドンにあるサー・ジョン・ソーン美術館

建築家の自邸だったものを

現在は美術館として公開しています。

私が一番好きな建築家の自邸です。

写真は吹き抜けのある地下のコレクションルーム。

photo by Hiroshi Ninomiya

Photo_4

2009年8月 6日 (木)

丘の家-フランス編

言わずと知れた

サヴォワ邸

photo by Hiroshi Ninomiya

Photo_3

2009年8月 5日 (水)

丘の家-イタリア編

一昨日スコットランドの丘の家をUPしたので

今日はイタリアヴィチェンツァにある

パラディオのロトンダ

ヴィチェンツァは建築を志すものが

古今東西から巡礼する場所として有名です。

私の記憶の中では街の中心にあるバシリカ(パラディオ設計)

の前にあるレストランで昼食をとっていたら

隣のテーブルでイタリア人の男性グループが

たくさんたくさんデザートまでたっぷり食べていた雰囲気が

とってもおいしそうだった街でもあるのです。

photo by Hiroshi Ninomiya

Photo_7

2009年8月 4日 (火)

写真の整理

いまやデジカメで撮って

パソコンでデータ管理の時代・・・

一昔前はアナログで撮って

プリントして

紙にレイアウトして

のり付けして

ファイルに入れて整理していました。

今日はプロジェクトの参考に色々出した内の1枚をご紹介

「海の住宅」プロジェクトは

一番着工時期が後なので

まだ基本設計中

直接案には繋がらなくても

ちょっと気になる写真

ギリシャのミコノス島

アテネオリンピックよりもずっと前に行ったので

ギリシャを旅するのは

かなり注意深くないと

色々大変でありました・・・

ex.村上春樹エッセイ

photo by Hiroshi Ninomiya

Photo

2009年8月 3日 (月)

全英女子オープン

またまたゴルフネタかと思いきや。

全英女子オープンのコース俯瞰映像で

周辺の住宅が写っていました。

今回の会場はイングランドのランカシャー。

街並みでブリックの色が現しになっているのが

イングランド地方の特徴です。

一方、スコットランド地方の住宅は壁が白く塗られています。

車でイングランドからスコットランドに入ると白い住宅が続いて

マッキントッシュのヒルハウスだけが白いわけでは無かったのだなぁ

と感心した覚えがあります。

そのヒルハウス(丘の家)・・・

日本では住宅メーカーにコピーされて

今見るとあまり新鮮な感じがしないのは残念。

洋画を見ているときにクライマックスでかかる曲が

日本のコマーシャルで耳慣れた曲だと

ちょっとがっかりな感じと似ています。

ex.12モンキーズ=ホンダアコード

photo by Hiroshi Ninomiya

002

2009年8月 2日 (日)

夏休みの旅行

姫路城→三朝温泉→投入堂→閑谷学校→吉備津神社

→岡山西警察署(磯崎新設計)→大阪で食いだおれる

磯崎さんの設計で二宮の元同僚大野幸さん担当だった

奈義MOCAも近いのですが、

電車でのアクセスが悪く今回は断念・・・

他にも近代建築の名作が多々あるんですが、

あくまでも子連れ旅であり、

建築マニアな行動は控えようと思います。

そういえば、20数年前に車で横浜から九州建築見学旅行に行ったとき

同行した友人が象設計集団設計の錦グリーンパレスを見たいということで

ほとんど車が走っていない中国自動車道を走ったことを思い出しました。

2009年8月 1日 (土)

陣地取り完了

今年の春頃から始まったプロジェクトの内

3つが実施設計の段階に移行しました。

8月は3日間の夏休みを挟んで実施設計に全力投球。。。

少し早いですが

8月21日発売の「新しい住まいの設計」と

8月23日放送の「渡辺篤史の建もの探訪」に

studio2設計の「BENTO 」が登場します。

また前日に告知しますね。

写真は二世帯の陣地取りが完了した

二世帯三世代住宅の模型

Study20090731

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »