« 階段が要になる | トップページ | 読者 »

2009年4月26日 (日)

自分で自分に仕掛ける罠が、何よりたちの悪い罠なのだ

タイトルは「ロング・グッドバイ」レイモンド・チャンドラー著・村上春樹訳の一文です。

他人が仕掛けてくる罠よりも自分がはまっていってしまうのが危険、という感じ・・・

オフィシャルには日・祝日事務所定休なので、今日はちょっと明日の作業の準備と領収書整理と溜まった紙ごみ整理と洗濯をしています。

片付いたらおやつ片手に「さよなら、愛しい人」を読みたいと思います。

写真は義母の差入れ、横浜中華街市場通り翠香園の中華菓子「玉帯コウ」

総理大臣賞受賞。

これは総理の仕掛けた罠?

それとも食べる自分が自分に仕掛ける罠?

Photo

« 階段が要になる | トップページ | 読者 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/29305227

この記事へのトラックバック一覧です: 自分で自分に仕掛ける罠が、何よりたちの悪い罠なのだ:

« 階段が要になる | トップページ | 読者 »