« アライグマと好みが一致 | トップページ | 日本全国どこでもどら焼き »

2008年11月 8日 (土)

蛍光灯

実施設計で最新の照明カタログを見ていたら、蛍光灯器具がずいぶんと増えていました。

以前、白熱灯専用の器具だったものに、まったく同じデザインのまま蛍光灯用が追加されているという具合。

以前、たまたま購入したばかりのZライトが壊れて、取替えに来てくださった照明器具会社営業の方のお話だと、洞爺湖サミットでの環境宣言で、白熱灯を無くすといっては見たものの、そう簡単には無くなりませんとのこと。

今はまだメーカーによって対応もまちまちで、器具の値段も高く、演色性も不完全なのですが、消費電力が小さいので、徐々にデザイン、色味、コストの面で白熱灯器具と遜色なくなっていくだろうと思います。

ついでに、カタログというのは、使いようのない装飾的な器具が多く、分厚すぎますので、そのあたりもスリム化してもらいたいですね。

« アライグマと好みが一致 | トップページ | 日本全国どこでもどら焼き »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛍光灯:

« アライグマと好みが一致 | トップページ | 日本全国どこでもどら焼き »