« ブーツの季節 | トップページ | 〆切前なので・・・ »

2008年10月 1日 (水)

生きるよすがとしての給湯器

昨晩、給湯コントローラーの温度表示部分がなぜか--に・・・・・お湯が出なくなりました!

取り説の分厚いファイルを繰って、東京ガスのサービスセンターに電話。

そして本日昼には「エラー140、給湯温度ヒューズが経年(6年7ヶ月)劣化により切れたため」と診断され、無事部品交換により復旧しました。

〆て9660円也。

1~2週間後に交換後の調子確認の電話を頂けるそうです。

« ブーツの季節 | トップページ | 〆切前なので・・・ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きるよすがとしての給湯器:

« ブーツの季節 | トップページ | 〆切前なので・・・ »