« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

岩国

最終日は岩国の錦帯橋へ。

日本3大名橋の間近にお墓があってラッキーでした。

二宮は現地の人々の顔つきに親近感があるらしい。

以前、山口市長と師匠の磯崎さんの会食に同席した折、どこかで会ったことがあるような気がしていたそうで。。。

あとから、それは18年前に無くなった祖父の顔だったことに気づいたのです。

「おじーちゃんはねぇ、こどものころ錦帯橋の下で泳いでいたんだ。」

って、なんでDAIGO風?

Photo

2008年8月30日 (土)

弥山

ロープウェイを乗り継いで山頂付近に到着。

そこから30分ほど登ります。

看板には「山頂まで1キロ」と書いてあるので「10分くらいじゃないの?」などと言いながら、サンダルで登っていくギャルも・・・結構きつい。

山頂から大鳥居を見下ろして、1時間ほどかかってふもとに戻ってくると、海水が退いて海苔の中に大鳥居が立っていました。

潮の干満による景色の変化を利用した親水公園の趣き。

Photo_3

Photo_4

2008年8月29日 (金)

ホンジャマカ

弥山に登る前に腹ごしらえ。

穴子飯と焼牡蠣と牡蠣丼など注文。

お店のテレビで延々と繰り返し流れている映像をふと見ると、私の座っているのと同じ席で、ホンジャマカの石塚が飲み物のごとく生牡蠣を食しています。

相方の恵が司会する「2時っチャオ」で作品紹介してもらったりしてたから、思わず目に留まってしまいました。

おんなじ体になりませんように!

Photo_9

Photo_11

2008年8月28日 (木)

厳島神社

翌日は宮島へ。

この日の満潮は12時22分、干潮は18時半ということでした。

午前中に1回水の中の厳島神社を堪能して、午後は弥山に登り、夕方下りてくると景色が変わっているはず。。。。。

0828_2

08282 Photo

2008年8月27日 (水)

お好み村

お好み焼き屋さんが集合しているビル「お好み村」に行ってみました。

ワンフロアにカウンターも椅子も鉄板もほとんど同じブース状の店舗が9店舗ほど仕切られていてそれが×3フロア。大きなお店にしないで、お好みの店をお好みで。

暖簾が違う。カウンターの下の模様が違う。焼くおばさんやおやじさんの顔が違う。オリンピックを放映している。芸能人の来店写真が貼ってある。って間違い探しみたいな。

いろいろではあるけれど、本質的な違いがあるのかどうかはかなり微妙。。。

広島のお好み焼きと言ったら、重ね焼き。大阪と違って、具と小麦粉と卵を混ぜたりしないのですね。焼きそばをいれれば広島風という認識は大まちがい。

隣の席の広島人が初めて大阪でお好み焼きを食べたとき「こんなんお好み焼きじゃねぇ」と思ったそうです。

「肉・玉・そば」 とってもおいしかったですよ。

Photo_2 Photo_3

2008年8月26日 (火)

工事監理⑦

お盆休みを挟んで久々の埼玉の現場監理。

ここのところ雨続きで工事はすすみませんが、建具と屋根、板金割付の打ち合わせなどなど。外部の雨仕舞を終えないと先にはいけないので、写真が無くてすみません。

北京五輪では、ミサイルで天候をコントロールしたとかしないとか。ここのところの天候不順はその影響なのだろうか。

しかし、北島康介の100メートル平泳ぎ。

「人間っていいな」

と思ったのでした。

2008年8月25日 (月)

都市の軸線

丹下健三は広島平和資料記念館設計コンペ案で原爆ドームに向かう軸線を提案しました。

昭和30年当時からすると手が加えられてしまっているけれど、軸線のアイデアと記念館(本館)は丹下健三の代表作にかわりありません。

惜しまれるのは、軸線の要に据えられるはずだったイサムノグチの原爆死没者慰霊碑案が政治的、人種的な謀略から採用されず、埴輪型の彫刻になってしまったこと。

地下に戦没者の慰霊空間が連続するこの案が実現していたならば、時間や場所を超えた傑作になっていたのに。

こういう捻じ曲げはいまもかわらず、新館やそのロビーに掲げられたのん気な壁画が物語っています。

因みにイサムノグチのデザインは中ノ島にかかるふたつの橋の欄干だけとなってしまいました。08262Photo

2008年8月24日 (日)

広島市民球場と広島平和資料記念館

広島駅前から路面電車に乗って、原爆ドーム前で下車すると広島市民球場がありました。

大通りを隔てて、原爆ドームと隣り合っていたんですね。

昭和32年竣工、来年には別敷地で建設中の新球場がオープンするそうです。昭和30年竣工・故丹下健三設計の広島平和資料記念館の縦ルーバーを真似たデザインになっていました。

0824

08242_2

2008年8月23日 (土)

広島カープ

しばらく、旅日記になります。

広島の町にはカープがあふれています。

カープ仕様の路面電車に乗りました。

私がすっかり忘れていた、鉄人衣笠の偉業や、背番号5番と17番のシルエットクイズなど。。。

家に帰ってから、5番と17番を調べてしまいました。

0823

2008年8月22日 (金)

岩国寿司

食べ物は旅の楽しみ。旅でなくても楽しみですが。。。

Photo_2

2008年8月21日 (木)

宮島から岩国へ

今日は宮島観光です。厳島神社で潮の干満を感じながらのんびり休息の予定。

明日は岩国の錦帯橋に寄って帰ります。できれば二宮家の墓参りにも立ち寄ろうかと予定しています。

というのも先週、偶然、岩国市役所から地籍調査の結果、二宮の曽祖父(慶応元年生まれ、昭和18年没)の山が発見されたという連絡があり、びっくり。

でもさすがに境界の立会い依頼には応じられないので、どうしようかというところです。

2008年8月20日 (水)

夏休み

一週遅れの夏休みで、今日は広島にきています。新幹線で広島駅までいって、まずは今は亡き丹下健三さんの代表作平和資料館を訪問。

私は大学時代に車で旅行して以来25年ぶり。広島で丹下、九州で磯崎という具合で、建築行脚していました。日本の名建築は関西以西に集中しているのです。

2008年8月19日 (火)

レカミエの生シュー

横浜市営地下鉄センター南駅の構内にあるシェ・レカミエというお店の生シュー。

これで1個¥210じゃあ、だれだって太りまさぁねぇ。。。まあしょうがない。

Photo

2008年8月18日 (月)

確認申請打ち合わせ

設計をはじめる前に、まずは、役所に出向いて、自治体ごとに異なる法規の解釈を確認したりします。

今日出向いたある市役所は、耐震強度偽装物件のなかで、一番強度が低かったマンションのあったところなのです。

「コア抜き」というコンクリートを一部分くり抜く強度試験も危なくてままならないような状態だったことが衝撃的でした。

その影響もあってか、どうやらあまり円滑な審査を期待できそうでなく、最終的には、民間の審査機関に申請する予定ですが、地域独自の規則や協定などがあるので、一度はいかないといけないのです。

「審査料金が安すぎるんだよ」なんてこぼしていたのにはびっくりしました。

でも一番びっくりしたのは、エレベーターの扉に東海道五十三次の絵がプリントされていたこと。

お金の問題ではないのです。

2008年8月17日 (日)

三浦海岸

今日はかねてからせがまれていた海水浴の日。

気温は朝から低く、空からもパラパラ小雨・・・でも、今日を逃すと行けなくなるので決行!

風も冷たく鳥肌がたつほど。

海岸がすいているので、砂を掘りまくって子供を埋めてみました。

0817

2008年8月16日 (土)

きょうのおやつ③

グラマシーニューヨーク 「季節の果物ロールケーキ」 は今、桃。

スイーツ評論家の元横綱大乃国のように一本丸ごと食したいところですが。。。

以前、J-WAVEで上戸彩も「寝る前にケーキ丸ごとワンホール食べたりする!」と言っていました。

垂涎の的。

Photo_2

2008年8月15日 (金)

横浜トリエンナーレ

ランドマークプラザに、横浜トリエンナーレのインスタレーションが先行展示されていました。

面白がってケイタイで撮影する人や、近づいてきて「やだ、気持ち悪い」と確認して去っていく人などなど。

08151

08152_2

2008年8月14日 (木)

神奈川大学リーグ新人戦

今日は神奈川大学リーグ新人戦鶴見大学対横浜国大の応援に行きました。

鶴見大の1年生投手川村直矢は二宮の甥っ子で、昨年一昨年と甲子園大会にも出場している本格派右腕です。

今日は普段出番の無い1・2年生にマウンドを譲って、ブルペンで投げ込んだものの出番がなく残念!

試合は、横国相手にもかかわらず、接戦となってしまいました。トーナメントなんだから、もうちょっときっちり勝ってほしいですねぇ。

因みにマー君の監督としてもお馴染みの駒大苫小牧高校の香田誉士史監督が今春から鶴見大学の指導にあたられています。

0814

2008年8月13日 (水)

大仏列車

北京オリンピック開催に間に合わなかったビルの壁に、CGでつくった立面のプリントを貼っているというニュースを見ました。開会式の映像もCGで合成していたとか。

でも最近の印刷技術はものすごく進歩しているから、使い方しだいでは面白いことができそうです。

写真は二宮が藤沢で乗りこんだ江ノ電。

0813

2008年8月12日 (火)

草稿チェック

昨晩送られてきた雑誌掲載用の草稿をプリントアウトしてチェックしています。

とはいえ、私たちの場合は、編集者の感覚にすべてお任せするから、いつも図面や室名、建築用語などを確認するだけです。

でも、プロのテキストやレイアウトをみると、自分では感覚的につくった部分に、不意に目が向けられていたりして、新たな発見があったりします。

建て主さんからも、そこでの生活の状況や出来事がいろいろ飛び出して、とても楽しい取材になります。記事になると、ほんの少しになってしまうのが惜しいのですが。

二宮は最近顔写真で表情が固くならないように、カメラマンの頭上に巨大なつぶつぶイチゴがのっているイメージをするという。

カポーティは美しいものを思い浮かべるというのをまねたらしいが、なんで巨大イチゴなの?

G_base_2 

2008年8月11日 (月)

工事監理⑥

二宮は埼玉の工事監理に出かけました。

今日もうだるような暑さに現場で水道水を頭からかぶって打合せに励んだそうです。

0811

2008年8月10日 (日)

飲み放題

電車の中吊りで目に付いた2つの飲み放題企画。

1.横浜球場 ベイスターズ戦 飲み放題チケット 発売中!

2.都電荒川線 納涼列車 飲み放題!

横浜球場のすり鉢状の客席は開放的で気持ちいいし、荒川線の車窓からの景色もなかなかのんびりしていて楽しそうだなと。。。

でも、これ買う人って、飲みまくるだけだから、野球の試合とか車窓の眺めとか全然関係ないんだろうなぁ。

横浜スタジアムの階段は急だから酔っ払うと危ないです。気をつけて。

2008年8月 9日 (土)

東京の女性

夕方、都内で集合住宅の打合せがありました。

たまに東京に行くたびに思うこと・・・横浜より化粧が濃い!

自由が丘あたりではバギーの幼児連れのママが結構気合入っています。

今日は大江戸線で新宿界隈に行きましたが、ラメ率高し!!

横浜はどちらかと言うとナチュラル系が多いというか、気が抜けているというか・・・私もその一人です。

東京の画廊からのDMで「上京の折はぜひお立ち寄りください」とありました。都内に住んでいる人からみると横浜って地方だったりします。

私の経験上、地方出身者にそういう認識の人が多い。別にいいんだけど。

2008年8月 8日 (金)

きょうのおやつ②

マイブーム更新中のモチクリーム。

ほうじ茶?キャラメルマキアート?宇治金時?そんな味でたんだ。。。

なんて、新種発売はダイエットへの言い訳。

Photo_2

2008年8月 7日 (木)

忙しい時は・・・

大学生の時、設計製図の課題提出前は切羽詰って徹夜になります。

その頃のマイブームおやつはユンケル!

300円くらいから飲み始めて、700円、1000円と高級なものに毎晩格上げしていくのです。資金不足で1000円以上にはなかなか手が出ませんでしたが・・・

2008年8月 6日 (水)

なでしこジャパン

なでしこジャパンの五輪初戦、引き分けてしまいました。といっても女子サッカーの試合をまるごと見たのは初めてでした。

「なでしこ」の愛称が付いたときはなんだか違和感があったけれども、今ではけっこう馴染んでいます。

そうそう、知らないおじさんの苗字+ジャパンより全然いい。

2008年8月 5日 (火)

また雷雨

横浜では14時過ぎから16時頃まで激しい雷と豪雨でした。

一方、藤沢にいた二宮は一滴も降られず、江ノ島花火大会に向かう浴衣の女性を大勢見かけたようです。

最近の雨雲はなんとも局地的ゲリラ的で、予想できないような事故や災害が増えていますね。

2008年8月 4日 (月)

工事監理⑤

二宮と構造家の久米さんは埼玉県の現場へ打合せと金物検査にでかけました。

今日は34度くらいか・・・流石に暑かったので、二人は久喜駅前で打合せを兼ねて暑気払いbeer

因みに、日本最高気温の熊谷市の まちづくりキャッチコピーは

「あついぜ!熊谷」 (施主談)

0804_3

2008年8月 3日 (日)

きょうのおやつ

暑い夏は喜久家のゼリーを食べて仕事しよう。

なんとなく山気のない横浜のお菓子屋さんというイメージ。Photo_7

2008年8月 2日 (土)

30坪以下の土地に理想の家を建てる

studio2設計のGAPとTROLLEYが掲載されている新しいムックが発売になりました。

『30坪以下の土地に理想の家を建てる』

主婦と生活社 ¥1785

東京近郊では宅地がどんどん細分化されてきて、条例で最低区画100平米とか80平米までしかだめとなると、ほとんどの分譲地がそのサイズになっていきます。できるだけ小分けしたほうが儲かるというだけの経済上の原理。

それが都市住宅の宿命なら、そのサイズで、普通の家族が楽しく生活できる工夫をしようよ!というのが編集長沖中俊夫さんの主旨。沖中さん、『週刊女性』の編集をやってたから、いろんなコトをうかがえてとっても楽しい取材となりました。Photo_3

本屋さんで見かけたら手にとってみてください。

2008年8月 1日 (金)

土門拳の文庫本

ここ数年半年に一度のペースで京都奈良の古寺を巡り歩いています。人のいない酷暑の室生寺も、有名な土門拳の雪の写真ともまた違って泣けちゃうくらい感動的です。Photo_4 Photo_5写真は昨夏のもの。

そんなわけで、たった今、アマゾンから届いた土門拳の写文集をわいわいと見ながら、こんなものが一冊880円で買えるなんて!とまさしく小確幸。

Photo

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »