« 紺屋の白袴 | トップページ | ハワイ土産 »

2008年7月16日 (水)

紺屋の続き

住まいのグリーンで思い出したのですが、ロンドンのフラットやタウンハウスなどは建築の部分として窓辺やバルコニーにプランターを設置することが自然なふるまいになっていたりします。

勝手に置かれているんじゃなくて、あらかじめ想定されているのです。

以前旭硝子のホームページに書いたコラムにロンドンのアパートの話を紹介しました。話の内容はちょっと脱線してますが。。。

アパートもタウンハウスも、グリーンを個々人が楽しむことが他人をも楽しませるという関係に意識的で、建築家も生活の情景を想定することが上手だなと思います。

だから楽しい町並みもできるわけで、あらためてそういうことこそ、ちゃんと考えなきゃいけないと、住まい手の生活を拝見して思うわけです。

Gap_garden

« 紺屋の白袴 | トップページ | ハワイ土産 »

竣工した住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060787/22343536

この記事へのトラックバック一覧です: 紺屋の続き:

« 紺屋の白袴 | トップページ | ハワイ土産 »